2017年07月04日

二度目のノーサイド/堂場瞬一

今回は、堂場先生のスポーツ小説で、
社会人ラグビーがテーマ。

5年前、最後の試合を引き分け、コイントスで
負けたチームのマネージャーの葬儀の日、
久しぶりに選手が集まり、再試合を誓う。

辞めた選手にも声をかけ、やっと試合当日、
そこに、スクラムの選手は来るのか?



ちなみに、ラクビーでなく、「ラグビー」

ゴーヤでなく、「ゴーヤー」です。
  • 20170621163212304.jpg
posted by ken at 12:25| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

警察回りの夏/堂場瞬一

警察とかいて「サツ」と読ませるのは、
新聞記者が主人公だからです。

特ダネと思いきや、誤報になってしまう。
すると、謝罪や訂正記事でなく、
第三者による調査委員会による原因究明を
求められます。

すると・・・誤報は警察上層部からの
企て?
政治家の介入?

さて、犯人は?
ジャーナリズムは?

一気に読みました(汗)

是非!


さて、先週は首長さんと飲み、
今夜はギタリストさんとです(^o^)v
  • 20170619061051293.jpg
posted by ken at 12:19| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

奪還の日/堂場瞬一

久しぶりの堂場瞬一さんの作品は
「奪還の日 刑事の挑戦・一之瀬拓真」

これはシリーズもので、今回は
第5弾になります。
新人刑事の一之瀬拓真が千代田署に
配属され、「ルーキー」「見えざる貌」
「誘爆」と。
そして、警視庁捜査一課で「特捜本部」
と刑事の成長も楽しめます。

今回は後輩の刑事と一緒に捜査に。
福島県警と捜査一課と合同捜査と
なりますが、そこには組織のしがらみ、
縄張り争い、さらに殺人事件が・・・

まるで、大河ドラマのよう(笑)

是非!
  • 20170617235827958.jpg
posted by ken at 23:57| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

下山事件 最後の証言〈完全版〉/柴田哲孝

「文庫X」も凄いけど
「下山事件」も凄い。

こんな文字が表紙に踊るので・・・
読んでみたら、最初は現代史の本?

昭和24年7月6日、初代国鉄総裁 下山定則が轢死体で発見される、戦後史最大の
謎と呼ばれる「下山事件」のドキュメント

著者の祖父や大叔母、母が勤めていた
亜細亜産業に集まる人々・・・

GHQの特務機関、労働組合や左翼勢力、
大陸浪人、右翼、共産党からの転向組、
政治家、官僚、中国人、韓国人。

そこに利権、策略、陰謀がうごめく。


ノンフィクションの重みが半端ない。

是非!
  • 20170609102853667.jpg
posted by ken at 10:28| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

老いと収納/群ようこ

いつも面白い群ようこさんのエッセー。

ですが・・・今回は女性目線の老い、収納で、

ちょっと解らないところも(汗)

特に女性の方は是非!
  • 20170526174007787.jpg
posted by ken at 17:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

ターンオーバー/堂場瞬一

連休中に堂場先生の「ターンオーバー」を
どくりょう。

今回は警察小説でなく、スポーツがテーマです。

野球、やり投げ、ラグビー、マラソンなどを題材の短編が6本。

サスペンスではありませんが、ぐいぐい
引き込まれます。

是非!
  • 20170510160400560.jpg
posted by ken at 16:03| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

リバース/湊かなえ

初めて手に取った湊先生の「リバース」

狭い世界のストーリーなんですが、

そこに事件が・・・

ほぼ25歳の男女の青春群像かと思いきや

今季のテレビドラマとか。

是非!


さぁ、これからタイタンライブです(笑)
  • 20170428190855118.jpg
posted by ken at 19:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

潜る女/堂場瞬一

久しぶりの堂場瞬一先生の本
「潜る女」はアナザーフェイス・シリーズの
最新作です。

結婚詐欺集団を捕まえるべく、
潜入捜査する大友刑事。

しかし、結婚詐欺の仕組みはともかく、
騙すテクニックがイマイチ?

でも、読み出すと、止まりません(笑)

是非!


  • 20170426003143939.jpg
posted by ken at 00:31| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

日本のヤクザ 100の喧嘩 闇の漢たちの戦争

別冊宝島編集部の皆さんの共著。

個々のお名前は差し控えるワケです。

内容は実名ばかりなので、ここに記す
のは控えます。

表紙裏の名言を披露します。

強い相手に立ち向かうときは、
相手の目を突け
ー(田岡一雄・三代目山口組組長)

柳川組に手打ちなし
ー(柳川次郎・柳川組初代組長)

バリバリから手榴弾まで
ぜんぶ持ってこい
ー(竹中 武・竹中組組長)

ヤクザは辞めたが、
男を辞めた覚えはない
ー(安藤 昇・安藤組組長)

※バリバリ=機関銃


私が気に入ったのは・・・

親分を日本一にして、
自分は日本一の子分になる
ー(山本健一・山健組初代組長)

この親分は、田岡一雄・三代目山口組組長


  • 20170420162236862.jpg
posted by ken at 16:22| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

貴族探偵/麻耶雄嵩

麻耶雄嵩先生の「貴族探偵」を読了。

次回のフジテレビ「月9」に採用とか。

推理は自分の使用人、執事、運転手、メイドが担当。

本人は宮内庁御用達のスーツで紅茶を
嗜んでいるだけ(笑)

短編集なので、移動時にも
  • 20170408092703272.jpg
posted by ken at 09:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

熊と踊れ

いや〜、上・下巻読み終えました。

スウェーデンの実話をペースにした作品。

ストックホルム以外の馴染みの無い地名や
英語圏に無い名前など、ちょっとハードル
高いけど、面白かったー(^o^)v

寝不足です(笑)

ネタばれになるので、ストーリーは書けませんが・・・
疑問が2つ。
ワインに香草を入れて温めて、ホットワイン?
こんな飲み方あるのですか?

もう1つ、終身刑だけの刑務所面会室で、
囚人がケーキを焼いて面会人と食べた?
その部屋にはベッドもある?

映画やテレビドラマだと日本の刑務所には
ガラスの仕切りがあるのに。

この2つの?
ご存じの方は教えて下さい。
  • 20170327124143347.jpg
posted by ken at 12:41| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

クランW /沢村 鐵

「警視庁機動分析課・上郷奈津実の執心」の
サブタイトル、副題がありました。

完結編だと、思いながら読み進み・・・

あれ?

最後に、(Xにつづく)?

Wが昨年のクリスマス初版ですから、
Xは売ってるかな?

盛り上がった分、遮断された気持ちかな(笑)
  • 20170315033211005.jpg
posted by ken at 23:31| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

クランV/沢村 鐵

クランVの副題は、警視庁公安部・区界浩の深謀

このシリーズはWまで。

これまでの、晴山旭刑事、岩沢誠次郎刑事も活躍しますが、今回は、区界刑事も加わり、闇に迫ります。

「俺」が晴山、「私」が岩沢、「おれ」は、区界、「オレ」は平津戸のように一人称を変えて物語は進みます。
まぁ、「私」は岩沢以外にも使われますが。

しかし、これでは英語圏では伝わらないかな?と少し心配も(笑)

さぁ、真相に近づいたと思ったら・・・

最終Wに続く。

To to be continued
  • 20170308050308447.jpg
posted by ken at 13:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

内通者/堂場瞬一

今回は、書き下ろし作品「内通者」

舞台は千葉県警捜査二課。
護岸工事の入札をめぐる建設会社と
県庁土木局との汚職事件を捜査中の
結城孝道刑事が現金授受の現場を
押さえた。

ところが、翌朝の地元紙に抜かれ、
さらに、内通者から訴えられ、
娘にもイタズラ電話が入る。

結末はどこに?
みな繋がっているのか?

是非!
  • 20170222040525139.jpg
posted by ken at 17:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

クランU/沢村 鐵

警察の闇に迫る第二弾、クランU

副題は、警視庁渋谷南署・岩沢誠次郎の激昂

クランTの副題は、警視庁捜査一課・晴山旭の密命

警察の組織的裏金作りはキャリアのための
もの、さらに天下りは警備会社や企業の警備部門だけでなく、様々な職種に広がる。

さらに、政府や財界とも繋がり、巨大化していく。

最終的には政治家を飾りにして、実質的には国を支配するのでは?

同じような動きは世界にも。

そこで、改装中の渋谷駅地下で・・・

続きは、クランVに。
  • 20170308044530476.jpg
posted by ken at 12:31| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

文庫X

一気に読みました。

本屋さんに平積みされているのは
知ってましたが・・・

「文庫X」

サスペンス小説でなく、ドキュメント。
清水潔さんという記者の書かれた、
長編の冤罪記事。
いや、北関東連続幼女誘拐殺人事件の
犯人への告発文でしょう。

これは読むべきです←今さらですが。
  • 20170227035955375.jpg
posted by ken at 04:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

歌舞伎町ダムド/誉田哲也

久しぶりに誉田先生の「歌舞伎町ダムド」を
手に取りました。

もしかしたら、「歌舞伎町セブン」の続編?

はい、そうでした(^o^)v
正確には、「ジウ」3巻と「歌舞伎町セブン」の現在版でしょうか。

でも、馴染みの歌舞伎町の空気も感じられ
とても面白かったです。


注意:食事中は読まない方が良いです。
子供もダメかな(笑)

次は、「文庫X」
  • 20170225170755526.jpg
posted by ken at 17:08| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

報い/堂場瞬一

これは、警視庁追跡捜査係シリーズの
新作です。

しかし、堂場先生は休みなく執筆されて
います。
素晴らしい才能です。

で、今回もインドア派の西川刑事と
アウトドア派の沖田刑事のコンビで
事件解決に奮闘します。

発端は、亡くなった父の日記に
殺人犯とすれ違った、とあり、
これは捜査に役立つかもと
市民が持ち込みました。

それは、やっかいな連続殺人犯、
サイコパスの犯行なのか?
  • 20170220004255218.jpg
posted by ken at 00:27| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

クランT/沢村 鐵

「クランT警視庁捜査一課・晴山旭の密命」を
読破しました。
沢村さんの本は初めて。

警視庁といか警察庁の天下り先の
元警察官が渋谷の公園で射殺される。
明らかに他殺なのに、検視官は自殺と。

鑑識課の捜査員も自殺と断定されて、
ここから警察の闇に・・・。

あれ、「クランU」に続くの?
  • 20170218221248524.jpg
posted by ken at 22:13| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

復讐の血/相場英雄

相場英雄さんの本は初。
「復讐の血」というタイトルで購入。

歌舞伎町で金融ヤクザが殺された、
どうやら、その裏に何か奥深い、
得体の知れない犯罪の匂いが(汗)

しかし、後半は・・・ネタバレするので
ここまで。

是非。
  • 20170211204217041.jpg
posted by ken at 20:42| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする